”e-Tax” について一言

 今日は。今日は花粉がいっぱい飛んでいて外には居られない感じでした。
 自分は農事組合法人の会計をやっているので、今年の申告は済んでいるのだけど、さらに自分は税理士でもあるわけで、仮に自分が税理士として申告業務まで引き受けていたら、と考えていろいろ調べて、果たして自分は申告書が作れるのか?‥と思い、やってみた。
 手続き的には十分可能です。 しかし、”e-Tax”の考え方は違っている。要するに、「申告書は”e-Tax”で作りなさい。そして財務諸表は ”添付” してね。」 という感じだ。 さもなくば、「膨大な時間を割いて財務諸表を”e-Tax”の作成画面で作ってね。」 と言っている。 現実的ではない。 いや自分がやり方を知らないだけかも。
 いろいろ試して、今の結論がそうなんだけど、 結論(間違っていても全然構わない。)が出たので、こうしてブログに書いていられるわけで、今日一日を捧げたけど、ギリギリ満足出来る結論に達したからヨシとします。
 この先は、開き直って、「手書き」で申告書を作る。(15年前まではそうやって、実際に「手書き」で申告書を作っていた訳だから。) その後、何かソフトを入れたら、また申告書の作成をやってみたら良い。
 実際は、いろいろあって、他の税理士さんが申告業務をやっておられます。 今の自分は、じつは未だ法人のお客さんがいないので、会計ソフトは導入していないのです。 ちょっと情け無いですね。
 まあこれからですよ。今日の様な経験を糧にして、人知れず努力して、納得のいく人生に繋げられたらバンバンザイです。
 ところで、どうも机の上をごく小さなハエみたいなのが飛んでいます。春だからか? もう9時だから夕飯を食べて今日はゆっくり休みます。ではごきげんよう。

メールで見つけた「格言」?

 今日は。きょうのブログは短いです。
 メールを見ていると、 出世の近道は、”「才能があって、かつ、控え目な人」を目一杯利用する事” と書かれていた。(ズバリ引用するとマズい気がするので、概要を書きました。)
 自分は上記の「才~人」ズバリです。 学歴は無し、友達もほぼ無し、1人暮らし、暇と小金と体力と正義感(本当にあるか?)と記憶力なら人一倍ある。‥書いている内、少し恥ずかしくなったけど。
 思えば中学生の頃から何か少し悪いグループに良く誘われていた。ま、それは素晴らしい経験だったのだけど、大人になると、誘われる時は、利用されそうな時(しつこくはなかったが、)位だった。
 では、爺(じじい)になった今はどうか?‥これが嫌らしい感じで、‥人生で今程何だかんだと「あれやってくれないか?」、「ついでにこれは?」と言われて過ごして来た時期は無かった。
 自分は、”何か一つだけ引き受ける”ことをモットーとしています。 少し関われば、とたんにその世界が見えてくるからです。逆に言えば、知らない奴はやっぱ「カモ」にされるヨ。です。
 今、自分はメールをたくさん見て、世の中を知り、いつか楽しく旅行にでも行けるイカした爺(じじい)になる事を目標に、これでも頑張っているつもりです。 長くなりました。 では。 

10年後の自分から振り返る

 人は誰でも自由に生きていたいと思う。 ではその為に今何をすべきか?‥難しく考える必要は無い。10年後の自分を想定すれば良い。
 10代の頃はそんな事は考えた事も無かった。だけど考えたら良かったハズ。なんとなく生きていた。 では、もうすぐ63才になる今はどうなんだ?‥世間を見回すと、73才の人は結構元気で過ごしておられる。では自分も元気で、と思えば良い。
 例えば、テレビに映ったトランプ大統領の10年後はどうしているかな?と思いながら見る。誰でも年はとる。 年寄りくさい話は嫌だが、町に年寄りが溢れたら、何かまずいのか? 元気な年寄りならいくらでも町をかっぽしたら良い。
 この世は全てにおいてバランスで成り立っているが、こと人生観については人それぞれで、‥いやそれぞれ過ぎるのかも。 トランプ大統領あたりを見ているとつくづく思う。
 人生について語るにはまだ日本社会は成熟しきっていないと思う。自分は本を読まないからなのか? あと10年経ったら本でも読んでみたいと思う。 今は、税理士になって3年目で目新しいことだらけで、自分の年について考える事も無い。 ただ、ジョギングをするときだけは人生について思うことにしている。‥世の中はなんて広いんだ。とか。目立たなくても良いから、真面目に生きていけば良いんだ。とか。です。
 世の中を動かしている人、又はそう思っている人はきっと10年後を睨みながら過ごしているんだと思う。10年位では変わらない事も多いが、そんな気持ちで世間を見ていると、何か楽しい事の一つも起こりそう‥今の健康を維持できれば、今から自分の歴史を刻むんだ‥位の気概を持ちながら、少しずつ新しい事にチャレンジして、例えば富山マラソンを走れないか?とか‥出来なくてもいいから「思う」事が大事だから。 では今日はこの辺で。

「租税教室」を振り返って

 私は税理士として12月と1月に各1回、小学生に「租税教室」を開催しました。人数は76名と46名でした。
 その際に「アンケート」をお願いして、後日もらいに行きました。 中々面白い、又、想像通りの所もありました。
 主だった内容を書き出します。
<税金について聞いてみたいこと>
○ 50種類もの税金とはどういうものがあるのか?
○ いつから税金が納められるようになったのか? 又、なぜ税金を払うのか?
○ 税理士さんは何人くらいいるのか?
○ どうして国は借金が出来るのか? 又、お金がないのにどうやって返すんですか?
○ 税金は誰が考えたのか? 又、税金を払わなかったらどのような罪に問われるのか?
○ 税金は減ることはないですか? 又、消費税を10%にする必要があるのか?
○ 国、県、市の税金の割合は?
○ 税務署とはどういう所か?
○ 海外ではどんな税金の種類があるのか知りたい。
○ 日本は人口が減少しているのに、日本人のためのサービスのお金は多いのか?
○ 一番税金を使う物は何だろうか? 聞いてみたい。
○ これからの未来、税金が増えたら、どんな良いことがあるのか?
○ 税金を納めなくてもいい会社はあるか?

<授業で面白かったこと、感想>
○ 日本の借金が1.000兆円もあることを知ってびっくり。
○ 小学生1人当たり年間90万円も税金が使われているのは、高いと思う。
○ 自分もちゃんと税を納めていると知り、安心した。
○ 人口が少なくなる事でマイナスなこともあるけど、競争相手が少なくなるなどのプラスもあると知って驚いた。
○ 講師の先生の意見を交えているのが、より考えが深まった。 残りの学校生活に生かしたい。
○ ホワイトボードに書きながら分かりやすく説明してくれたので良かったです。
○ 税金についていろいろなことが分かったので他にも調べたりしてみたい。

 次に私の感想を述べたいです。
 大人も子供も感じ方は同じだというのが最初の感想です。 例えば国会においても上記のレベルで議論しているのが聞いてとれます。
 では、日本の未来は大丈夫か?
 答えは‥全然大丈夫です。‥そう言えば、ある生徒が「日本は資源が無いから。」と言っていたが、考えて下さい。‥資源なんて物は必ず「生産調整」する運命にあります。 石油、金、米、将来は水も‥人だって中国では調整していた。 つまり、資源は関係無いという訳。 
 それよりも「生産調整」する世界は「成熟」した世界に他ならない事に気付くべきです。 「調整」は「バランス」に通じます。この世は全てにおいて「バランス」で成り立っているからです。
 今、この地球上で一番バランスの取れている国が実は日本です。断言出来ます。気候も国土の面積も含めて日本はパラダイスです。 日本人は慣れきっている為気付かないだけです。
 要は今のバランスさえ取れていれば、他の国が「教えを請う」時が必ず来ます。そうなればもう金銭の問題では無くなる訳です。 いつの間にか日本は「幸せを売る国」になっている事でしょう。
 ま、遠い将来の事よりも先ずは日々の自分の生活の事を考えて、健康で年を重ねて行きましょう。

これまでの人生を振り返って

(1)遊んでばかりの20代
 月並みですが、20代は遊んでいました。只、どうしたらガールフレンドが出来るかな?と、ずっと思っていました。 他愛も無い事です。「好きだ」と言うだけだったのに。
 自分は高校を中退しているので、世間の評価を気にし過ぎていたかも。
(2)勉強を始めた30代
 あの頃は「30才になったらお嫁さんが貰えないよ。」と言う時代だった。会社も潰れそうだし。再就職の為に何か資格を取りたい‥。そこで見つけたのが「税理士」だった。税理士を選んだ理由は、
 ①学歴が関係ない資格だから。
 ②働きながら勉強が出来るから。
 ③自分に出来る精一杯の高みにある資格だと思った(つまりは社会的地位を考えた訳)。
 ④たとえ一生独身でも悔いの無い人生を送りたいから。 
 ⑤自分は人間関係が苦手だから、1人で出来る仕事を選ぶ。
 ⑥もし失敗しても、日商簿記1級を取れば、会計事務所で働けるかも(つまりは逃げ道だけど)。
 実際始めてみると、これが面白くて、夢を見つけた事が嬉しくて、人生とはこれなんだ。‥位に没頭したものです。
(3)43才で会計事務所に就職する。
 嬉しかったです。40才で5科目中4科目まで合格していましたから、仕事は何とか出来るだろう。と思っていました。 実はあと1科目合格すれば後継者として事務所を継ぐ筈だったのですが、それが出来ずに所長は亡くなってしまいました。 それで全員が市内の会計事務所に横すべりで再就職しました。
(4)57才で、1人になる。
 私は48才で結婚しました。が、51才で離婚しました(長くなるので語りませんが)。1人になってする事と言えば、あと1科目の勉強をする事だけでした。無職で勉強するのだから、30代の頃と違い、余裕でした。だけど合格まで3年も要しました。仕方ないです。
(5)60才で念願の資格を取った。
 資格は取ったが、それから2年経って、仕事は‥片手に満たないョ。 でも、後は気持ちだ。と思う。
 ○仕事が少ないなどと言っていたら今ある仕事に失礼だ。
 ○1人暮らしだし、そんなにお金が欲しい訳ではない。
 ○今を肯定し、感謝し、それこそ今のままで生きて行けたら良い。‥位の気持ちが正解だろう。
(6)人生100年時代? 今思うこと
 人間は変わらない生き物だな。と思う。 20代の頃と同じです。この年でも好きな人はいます。だけど、これが言えないんだな。仕事が少ないから‥おっと、気持ちを変えなきゃ。 
 自分にもこの先、さらなる「夢」があります。いや、「あった」と言うべきか。これまでずっと「夢」を思ってガンバってきたんだけど、今は何か一つずつでも「良い事」が起こりますように。‥という気持ちです。
 

預金税を創設しようよ。

今日は。今日は少し危ない話をします。
国の借金が1.000兆円を超えている現状を何故傍観していられるのか? 答えは簡単、借りている先がほとんど国内債権者だからです。 ではこのままで良いのか? いずれ国内債権者が支えきれなくなったとき、日本は外国資本に食われ始めるのです。 もう既に始まっているでしょう。
 そこで、「預金税」を創設するのです。 これは預金に対するマイナス金利です。 そんなことが出来るのか?と思う向きも有りましょう。 でもこれは可能だし、歓迎されるでしょう。 
 具体的には、マイナンバーで預金を集計して、免税点を5.000万円として、それを越える場合は預金残高に対し0.5%の「預金税」を徴収するのです。 これで年間1兆円の税収があるでしょう。‥たった1兆円か。消費税はH30年度予算でも17兆円だぞ。‥と言われるでしょうが、消費税だって30年掛かって税率を3倍に、免税点を1/3にして来たではないか。 いずれは課税範囲を増やし、税率を上げていけば良いだけの事です。
 では何故「歓迎」されるか? 理由は3つ有ります。
① 消費税の「逆進性」‥所得の小さい者が相対的に大きな税金を負担する現実の事‥の逆を行くから。
② 免税点以下の者にとっては「何か得をした気分」になり、せっせと貯金をする様になる筈だから。
③ 遠い将来は「お金」を誰も数える事の無い世界が理想だから。
 そもそも資本主義は限界を迎えています。世の中にお金が有り余って格差が拡大する一方です。 では全世界でこれをやれば良いじゃないか。‥と言われそうですが、これは国単位で出来る事だし、一番に採用して世界をあっと言わせたら良いじゃないか。‥以上、自分はこれでも真剣に考えています。
 ちなみに自分にも小金は有ります。それに第一、自分は税理士なので、危ない話は避けたい所ですが、これ位は既に誰かが考え始めていると思います。 もしかしたら、マイナンバーとかマイナス金利とか生涯現役というのは、やれる事を全部やって最後は「預金税」だ。と、既にシナリオが出来ているのかも。
 日本は島国で、単一民族だから、どうしても考え方が単調になりがちで、アメリカに見放されたら一環の終わりというのではどうも面白くない。 ま、そんな事はどうでもよろしい。皆が幸せになる方法を考えて行きましょう。

租税教育を始めます。

 9月25日の税理士会の研修で「租税教育講義用テキスト」を受取りました。12月と1月に小学生を相手に租税教室を行います。 尚、こういう事は初めてです。
 テキストには何やら難しい事が一杯書かれていますが、所詮相手は小学生じゃないか。と思います。尚、今時の講義ではプロジェクター等を使うらしいのですが、自分はキカイが苦手なので、板書だけでやれないかと思っています。
 予めクラスをグループ分けしておいてもらう。
 ① 先ずは挨拶と自己紹介
 ② 税理士の仕事を短く説明
 ③ 本日のスケジュールを伝える
 ④ 税はなぜ必要なのか?
 ⑤ 消費税を実際に検証してみる‥黒板に三角形を書いて、自分と店と国の関係を説明する。
 ⑥ ここで「グループ討論」をしてもらう‥テーマは、「日本の未来について」‥予め決めておいたリーダーと発表者を伝える。
  イ. 未来はどうなっていて欲しいか?
  ロ. どんな問題があるのか?
  ハ. 私(私たち)は何をすれば良いのか? ‥以上をグループ順に発表してもらう。
 ⑦ 国の財政はどうなる?‥テーマは「公平」、「人口減少」、「民主主義」
  イ. 公平とは、スタートラインに横一列に並ぶ事
  ロ. 人口減少はチャンスでもある
  ハ. 民主主義とは、「自分たちの事は自分たちで決める」と言う事
  ニ. 国の財政は経済で決まる。 即ち、日本だけで無く地球的に見て、「新しい価値」が生まれる事で人々の暮らしが豊かになる。 これはこれまでの歴史が物語っている。
  ここで、質問が有りますか? と問い掛ける。
 ⑧ 最後に挨拶
  イ. 小学校の卒業までの間、先生たちの「苦労」している姿をよく見ておきましょう。
  ロ. グループを作って、毎日順番に校長室にお邪魔して一緒に給食を食べたら、きっと良い思い出になる。
 以上を45分間で行う。 尚、これからテキストを読んでいくので、上記の計画がどう変化していくか‥楽しみではある。

もう9月ですね。

前回は奇抜な事を書きました。その後何度も自分のブログを見返しては「自分を信じて生きていこう。」と思い返すのです。
 さて、皆さんはメールを見る時とか、BGMを聴いていますか? 自分はYouTubeの好きな曲を聴きながら、ゆったり気分でやっています。勿論今も聴いています。 ウエブリブログがツイッターに連携しているなんてすごいじゃないですか。 どうりで「自分のブログのタイトルが一定していないな。」と思っていました。
 自分は今、錦鯉を2尾飼っています。眺めていると随分癒されますョ。なにせ一人暮らしなので、鯉の世話(と言っても水を抜いて、餌を与える位です。)をする事で生活のリズムが出来ます。 今は健康に過ごせていますが、この鯉共々長生きしたいものだ。‥と思っています。
 生活と言えば、世の出来事とかいろいろ考えながら、だが仕事が無い‥という不思議な生活をしています。今、自分は小さな目標が有ります。それは、「農業経営アドバイザー」なる資格を取る事です。 国家資格ではないので大した事は無いですが、名刺の裏に書ける様に、それと少しでも人脈なるものを築いて、「ハリ」のある生活が出来れば‥と思っています。試験は来年です。
 まだ62才なのでこの先いろいろあるだろうし、ガンバリます。では。
画像
画像

この世は「波」で出来ている。

 昨日、ジョギングをしている最中、ふと気付きました。‥「この世は‥波で出来ている。」と。 何故、「波」なのか? それは簡単です。
 ①‥宇宙線は我々の体を意図も簡単に突き抜けている事実。 
 ②‥太陽熱は空気を直接には暖められないという事実。
 ③‥波‥つまりは振動であり、その振動に共振していれば‥「質量」は発生しない。‥光は「波」だから、質量は‥無い。 共振しない、あるいは共振しにくい物質は質量が大きく、また、暖められやすい。(ハズ‥ちょっと自信が無いけど。)
    尚、自分は光にも「質量」は有る‥と信じています。
 ④‥波の無い世界‥それは正しく「ブラックホール」です。 つまり、ブラックホールこそが「宇宙」なのです。
 つまり、我々が「宇宙」と呼んでいる世界は、実は、一瞬の波の瞬間に過ぎないのです。
 だから、そこには「時間」の概念など有る筈無いのです。
 先程の「質量」なるものも、実は「幻想」です。
 よく言う「宇宙の果て」なども、幻想の世界では何の意味も持ちません。
だけど‥騙された振りをして、今、この瞬間を精一杯生きる‥それこそが「人生」だろう。‥と信じます。

ホームページのアクセス解析について

 自分のH/Pについて「グーグルアナリティクス」というのがあって、H/Pがどれ位アクセスされているかをチェック出来る様になっている。 ただこれは、そもそもパソコンに慣れていない自分にとってはハードルが高く、パソコンの操作に慣れる事と、お金を払っているのだから元を取りたいだけの為にやっていると自分でも思っています。
 ときどきチェックしては、「H/Pを見てくれる人がいるんだ」‥と思いを新たに「ガンバらなくては。」と思うのです。

プリンターインクはネットショッピングで。

 今日、注文していたプリンターインクセット2台分‥8個が届きました。全部で1.500円余りです。 以前、純正の黒を1個買うと、それだけで4.000円オーバーでした。 つまるところ1/10以下の予算で済んでいる感じです。 これからレビューを書きます。

あまりに暇なので人生について考えてみました。

 2017年7月に税理士を開業しましたが、事業としては未だに軌道に乗れていません。
 私は人生というものは、三角関係だと思います。
 一つ目は、経済的に満足出来ているか?
 二つ目は、自分に対して「寛容」になれるか?
 三つ目は、将来の自分に対して責任を持てるか? 以上です。
 実際の所今の自分は、収入は無いが、暇ならイヤと言う程ある。 いつも2週間程の行動予定表と睨めっこしながら生活しています。
 この先、法律家たる税理士として一人前になりたいから真面目に頑張ります。
 尚、先程の三角関係はいろんなシチュエーションで応用出来るでしょう。(自画自賛ですが。) では、また。

事務所は2階です。

 今、事務所は我が家の2階に26㎡程の部屋を設けてやっています。 この部屋は15年前に「将来、絶対に事務所を開設するんだ。」との決意の基、自分で作りました。 カッコ良くは無いけど今の自分にはピッタリだと思っています。 最近、木製の手摺りを取り付けました。自分ながら良く出来ました。 それにしても暇な時間が多いなあ。 まだ62歳。ガンバラないと。 では今日はここまで。

税理士始めました。

 昨日、初めて税理士として報酬を頂きました。 この仕事を始めてから半年以上経っております。 このままではいけない。と思うのですが、とりあえずは、今年、なんとか「法人の申告」に携わってみたいものです。