地方議員のなり手不足?

 今日は。参議院選挙が近いですね。
 私は、地方議員のなり手が不足しているのは、安倍政権が強すぎる為だと思います。何故かと言いますと、与党に対抗する為に野党が統一候補を立てる‥とは、定数1に対し2人しか立たない訳で、これは「なり手不足」を創設している姿に他ならない。本来はもっともっと立候補して良い筈なのに(都知事選は乱立しているではないか。)‥と思ってしまう。
 国会議員がムリなら地方議員になろう。として地方選に出てくれたら「なり手不足」も解消するのではないか? 実際に元国会議員が地方議会の議員になっておられる人も居るではないか。
 私は選挙は(悪い意味で無く)おもしろ味が必要だ。どんでん返しの一つも無い選挙は飽きられてしまうだけ。‥と考える。
 ただ、「それじゃお前が出ろ。」と言われたら、これが出来ないのが現実です。向いていないから。というのは簡単だけど、例えば、”人”を信頼して後を押す‥というのは、サッカーの応援とは違い、「未来を託す」事だから、考え方がだんだん尻すぼみになってしまう。
 では、どうするか?‥考え方は2つ有ると思う。
① 国勢選挙で票を伸ばした政党が地方議員をどんどん立候補させる。‥これは現在行われている、普通に良い考えだと思う。
② 単純に「地元を盛り上げたい」と言って出てくる新人候補を掘り出す。‥実はこっちが難しいのでは?
 その昔、オートバイに拡声器を載せて選挙を戦い、市議会議員になられた人がいた。良い時代だったのかも。先程の「出来ない」とは、このオートバイの下りが出来ないという事です。
 さて、人生について一言だけ。
 人生はサッカーと似ていると思う。他のスポーツもそうだけど、「攻める」だけではダメ、「守り」だけでもダメ。両方を同時に考えないといけない点が似ている。
 では先の立候補者はサッカーの選手に似ているのかな?‥似てない。「監督」が居ないじゃないか。「無所属」というのがどうやら曲者の感じです。どうせなら必ずどこかのチーム(政党)に属して立候補すべし。という決まりを設けたら‥ダメでしょうか?
 長くなりました。今度の選挙は普通に投票に行きます。ではまた。
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント