生きることの意味?について‥”若い人に一言”。

 今日は。今日の話はまとまりに欠けるかも知れません。
 それでは”若い人に一言”です。
 人は「望んで人として生まれてきた。」のだと自分は思います。何故なら、”社会”がそこにあって、人が生まれて来る訳で、生まれてから自分の判断で「社会生活」を選択している訳では無いから。です。
 もっと言えば、政治が先にある訳だから、関心が無いのは無責任。日本は平和ボケ?‥などと言うのは→国境の壁を自分で作っているだけです。トランプ大統領の悪口は言えません。
 「日本は平和」と言っている時点で人として既に間違っています。‥外国で戦争をしていても自分たちが平和なら良いのか?‥と思うのが正しいのです。ただ、”社会”というのは何か巨大な生き物、もっと言えば”怪物”だから、そこが難しいのです。
 自分の思いは、世の中のいろいろな決り事を実際に決めているのは、全人口の0.01~0.1㌫の人で、その中で「役に立っている人」はその内10㌫が良いとこ。‥人口1億の社会では1.000人~10.000人が実際に世の中を決めている。‥さらにこれを世代交代させていくのだから、「世の中を決める」作業自体が何かの「事務作業」になってしまっているきらいがある。
 日本の将来について言えば、「少子」なら高齢化は当然です。100歳も当然です。結婚しない、子供を作らない、熟年離婚をする、その他‥気楽な世の中だから長生き出来るのです。この先は「移民政策」は当然だと思う。将来は日本も欧米の様に失業率20㌫まで行くと思う。(要は数え方の問題だけど。)
 話は変わって、「宗教」についていつかは語らなくてはならない。
 宗教も”投票”で決めたらどうか?投票によって「補助金」が決まる?とか。→政治と宗教は別‥と言っている時点で古いと思う。同時に「乗り換え」の自由はあるはず。→社会生活に宗教がどう関わるべきかを考える時期に来ていると思う。政治も宗教も関心がなくても全然構わないが、いざ何か事件が起きたら慌てる事になる。 なお、自分は宗教には関心はないが、それは仏教は世界で一番平和な宗教だろうと勝手に思っているからです。
 だけど、先んじて”大人の責任”はどうなんだ?と必ず言われる。では、「大人の」、実際には「誰」の責任なのか?‥となるのです。カッコ付けて「社会」の責任などとアホな事は言いません。「社会を見守る」事しか出来なければ、それで良いのです。社会の大きな「うねり」としての一つの答えが「高齢化」社会ならそれも良いではないか。
 最近、世の中のリーダーたちがメディアに登場するたび、その人の年齢をチェックするようになりました。これって自分が年寄りになったという事なのか?それとも、自分も何かしようとする一種のライバル心なのか?
‥判らないけど、世の中について関心が大いにあるのは確かです。 今日の所はここまでにします。 では。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック