これまでの人生を振り返って

(1)遊んでばかりの20代
 月並みですが、20代は遊んでいました。只、どうしたらガールフレンドが出来るかな?と、ずっと思っていました。 他愛も無い事です。「好きだ」と言うだけだったのに。
 自分は高校を中退しているので、世間の評価を気にし過ぎていたかも。
(2)勉強を始めた30代
 あの頃は「30才になったらお嫁さんが貰えないよ。」と言う時代だった。会社も潰れそうだし。再就職の為に何か資格を取りたい‥。そこで見つけたのが「税理士」だった。税理士を選んだ理由は、
 ①学歴が関係ない資格だから。
 ②働きながら勉強が出来るから。
 ③自分に出来る精一杯の高みにある資格だと思った(つまりは社会的地位を考えた訳)。
 ④たとえ一生独身でも悔いの無い人生を送りたいから。 
 ⑤自分は人間関係が苦手だから、1人で出来る仕事を選ぶ。
 ⑥もし失敗しても、日商簿記1級を取れば、会計事務所で働けるかも(つまりは逃げ道だけど)。
 実際始めてみると、これが面白くて、夢を見つけた事が嬉しくて、人生とはこれなんだ。‥位に没頭したものです。
(3)43才で会計事務所に就職する。
 嬉しかったです。40才で5科目中4科目まで合格していましたから、仕事は何とか出来るだろう。と思っていました。 実はあと1科目合格すれば後継者として事務所を継ぐ筈だったのですが、それが出来ずに所長は亡くなってしまいました。 それで全員が市内の会計事務所に横すべりで再就職しました。
(4)57才で、1人になる。
 私は48才で結婚しました。が、51才で離婚しました(長くなるので語りませんが)。1人になってする事と言えば、あと1科目の勉強をする事だけでした。無職で勉強するのだから、30代の頃と違い、余裕でした。だけど合格まで3年も要しました。仕方ないです。
(5)60才で念願の資格を取った。
 資格は取ったが、それから2年経って、仕事は‥片手に満たないョ。 でも、後は気持ちだ。と思う。
 ○仕事が少ないなどと言っていたら今ある仕事に失礼だ。
 ○1人暮らしだし、そんなにお金が欲しい訳ではない。
 ○今を肯定し、感謝し、それこそ今のままで生きて行けたら良い。‥位の気持ちが正解だろう。
(6)人生100年時代? 今思うこと
 人間は変わらない生き物だな。と思う。 20代の頃と同じです。この年でも好きな人はいます。だけど、これが言えないんだな。仕事が少ないから‥おっと、気持ちを変えなきゃ。 
 自分にもこの先、さらなる「夢」があります。いや、「あった」と言うべきか。これまでずっと「夢」を思ってガンバってきたんだけど、今は何か一つずつでも「良い事」が起こりますように。‥という気持ちです。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック